1. 無料アクセス解析
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-02-29(Wed)

スクライド TAO 感想

スクライド オルタレイション TAO [DVD]スクライド オルタレイション TAO [DVD]
(2012/02/24)
保志総一朗、緑川光 他

商品詳細を見る


普段アニメとか見ないもんで、カテゴリ:レビューで書いていきます。

面白かった!!

なんで大文字にしたかっていうと期待に沿う面白さだったからで、なんでわざわざ赤文字で書いたかっていうと熱い物語だったからで…

パッケージ裏に書いてあることによると、これはTV版の総集編的な内容らしく…。
TV版を知らず、スクライドについて知ってることと言えばヒーローズファンタジアで仕入れた知識ぐらいな私がはたしてストーリーについていけるのか心配だったんですが、そこは全然大丈夫でした。
いきなり始まる戦闘! 壊れる建物! その中を駆ける主人公!
引き込みは十分でした。

そこからの展開も、ライバルとの間に積み重なっていく因縁、水面下で動き続ける陰謀、男同士の友情、そして手にする新たな力などもうこっちをぐいぐい引っ張っていくような力強い展開で圧倒されました。

主人公のカズマも魅力的でした。ヒーローズファンタジアで単なるDQNとか思っててごめんなさい。
考えなしな行動ばかりとる上にこの上なく喧嘩っ早いのですが、同居人のかなみちゃん(八歳)に頭が上がらなかったり仲間をしっかり信頼してたりと普通にいい奴でした。
特にかなみちゃんあたりとの会話は、戦闘であんなに殺伐とした雰囲気を発してるカズマがただの素朴な少年に戻ってるような感じがして、すごくほほえましかったです。
それに、カズマはとにかくセリフがすごく印象的で。私も叫んでみたいです。「シェルブリットオォォォ!!!」とか「輝け…、もっと、輝けえぇぇぇえ!」とか。
ライバル・劉鳳と出会った時の会話も一々熱くて堪りません。誰がこういう台詞を考えてるのかちょっと知りたい気もします。

そういえば脚本はガンダムOOの人で、監督は無限のリヴァイアスとかガンソードとかの人なんですよね。
…なんとなく、脚本の人が台詞考えてそうな気がします。「乙女座の私はセンチメンタルな運命を~」とか「まさしく愛だ!」とかこれでもかと迷言連発するキャラをガンダムOOで書いてますし。
ガンソードの「童貞だ!」も捨てがたいですけどね。

さて。ちょっと難を挙げるとしたら、最初の戦闘のあと、すぐにカズマが劉鳳に伸されちゃうあたりでしょうか。
直前の戦闘で圧倒的な強さを見せつけた上、これでもかというほど強気な発言をしたにも関わらずあっけなく劉鳳に倒されてしまうあたりは「せっかく熱い展開に魅せられてきてたのに…」と少し残念に思ってしまいました。
でもすぐ次の展開に移るので、観た後の感想としてはあんまり気にならないかもしれません。

他にはちょっと作画が気になりはしました。けれど、そこは十年前の作品みたいですしスルー。

続編がすごく楽しみです。


スポンサーサイト

theme : 見たアニメの感想
genre : アニメ・コミック

2012-02-25(Sat)

LALサントラ乙LALサントラ乙LALサントラ乙ッッ!

LIVEALIVE サントラが再販
↑音量注意

にゃああああ!
うわあああ!
自分で気づけなかったことがちびっと悔しいよおお!
でも欲しいよおお!
予約すんの恥ずかしいよおお! 家族にバレるのが怖いよおお!
でも欲しいよー、うわあああん!

これでLALのサントラ高騰も終わりですかね(ステッカー付き除く)

PSYCOで夜露死苦! とか西部編の戦闘曲とかが好きです。
アキラが好きです。ユン強かったです。


↓こんな作品を継続して作り続けている有志の方もいらっしゃいますし



LALはまだ終わらんよ…!


theme : ゲームニュース
genre : ゲーム

2012-02-22(Wed)

ヒーローズファンタジア、クリア

クリアしたよ!

ヒーローズファンタジア (通常版)ヒーローズファンタジア (通常版)
(2012/01/19)
Sony PSP

商品詳細を見る


このゲームに対する世間の評価(というか注目度)は相変わらず低いみたいだけど、「それはちょっと不当な評価だなあ」と思うぐらいには面白かったです。
クリアした直後に思ったことは「え? これでおしまい?(゚ρ゚*)」
もっとプレイしたかったなあ、と素直に思いました。
サブクエストの数、もうちょっと多くてもよかったなあ…。難易度や中身ももっと作りこんでよかったかもなあ…。
おかげで、ゲームに対するモチベーションは持続してるのにゲームの中でやることがないというある意味ツラい状況に。

あと、ナレッジの作りこみが半端ない。
オリジナル世界の逸話やら歴史やらをゲームの途中で拾い集めていくことができるんですが、
王国の身分制度についてとか魔術形態についてとか魔物に関する民間宗教についてとか
もうその設定活かしてなんか別のゲームか小説作ったほうがいいんじゃないかな。
しかも、あそこまで設定を作っておきながらストーリーにはほとんど反映されてない
もったいない…。

ただ、ここはちょっといただけないと感じたところもありました。
たとえばスクライドと舞-HiMEの鬱展開が…。ひっくり返されるのはいいんですけどね、スパロボでもよくあることですし。
でも、原作知らない身からしても「いやいやいや」とつっこまざるを得ないというか。


スクライド
・瀕死の劉鳳を救ったのは他作品キャラの回復魔法
・ラスボスにとどめをさすのも他作品キャラ(しかもほぼ瞬殺)。

舞-HiME
・詩帆ちゃんとか奈緒ちゃんとかが特にイベントもなく消えた。
・他作品キャラからの説得で静留さん死なない。
・おそらくネックになってるはずの媛星が蝕の祭の途中で他作品キャラに破壊される


…クロスオーバー乙(・・;)
なんてこった、原作知らないにも関わらず「ここは原作の展開ねじ曲げただろ」となんとなくわかる展開がちらほら見受けられたぜ…。
あと上には挙げてないけど、このゲームだとHiME同士の戦いで消失した人間も最後には全員元に戻るようになってるんだけど、原作ではどうなんだろう?

で、思ったのが「良クロスオーバーと安易なクロスオーバーの違いとは何か」っていうことで。
ヒーローズファンタジアのシリアス面でのクロスオーバーが安っぽい感じに見えてしまうのは、
「媛星が落ちてきちゃうよ!」→「モア殿お願いします!」
「劉鳳が死んじゃうよ!」→「回復魔法」

って具合に、原作ではどうしようもない障害や展開になってるところが、他作品キャラによっていとも簡単に解決されちゃってるところなのかなぁ、と推測。
スパロボ的にいえば、全部マジンパワーやら月光蝶やらゲッター線やら次元連結システムやらであっさり解決しちゃうようなものですからね。
もっとこう、クロスオーバーで鬱展開ひっくり返すにしても、みんなで色々あがいた末に「よかったね!」的な展開がよかったなー。

あとは悪役がみんな小物に見えてしまったこと。
っていうか、ラストらへんになると版権の敵勢力がどんどん舞台から手を引いてって、結局ラスボスしか敵が残らない状況に。
そのラスボスも結局は私利私欲におぼれた末に自滅したようなものでしたし。追い詰められた末にさらした奥の手もあんなモンでしたし。
レインみたいな化け物生み出す技術があるならもっとスケールのでかいもの準備できたんじゃ…って気がします。
たとえば因果律や次元境界線に干渉するレベルのモンスター創り出すとかさあ。具体的な例を挙げるなら、スパロボαシリーズのアストラナガンみたいなさあ。

でも、やっぱ普通に面白かったです。もっとあの世界観で遊びたかったなー、と思います。
シナリオ的に優遇されてた、というか最後まで決着がついたのはスクライドと舞-HiMEで、
BLOOD+やらRODやらは敵は出るものの……ディーヴァはまったく登場しないし、ナンシーさんは裏切らないし。
ただ伏線やフラグは立ってたんで、その辺の展開はED後に起こりそうな感じで終わりました。

DTBとオーフェン、スレイヤーズ、魔法戦士リウイのキャラはそもそも異世界からやってきた存在となってるので、
主人公勢のほかは一部の登場人物と敵キャラが登場するのみとなってます。
ただ、その中でもDTBが特に優遇されてた気はしますが。

・主人公の勤めてる会社でバイトすることになる黒と蘇芳(詐称19歳)
・舞-HiMEの敗れたHiMEを淡々と励ます黒
・カズマに絡まれる黒
・ジュライと銀の情報収集能力が最強すぎる件
・「あたしがリナ・インバースだからよ!」
・「元の世界に帰らせてあげますよ」→「まだこっちの世界でやることがあんのよ! それに黒の料理もまだ食べたいし」なリナ
・「ここで花見をしたいですね」→「黒さんの中華弁当持ってこう!」
・ケロン星人とひとくくりのジャンルに収められそうな猫さん
・「黒キャラの鑑ですぅ!」byタママ

…列挙してみたら、結構いろんな作品とまんべんなくクロスしてますね。特に絡みがないのってRODぐらいな気が。
一番クロスオーバーが地味だったのは魔法戦士リウイな気がします。
それでもリウイが王族の血を引いているっていう原作の設定を意識させる台詞があったり、ミレルがメインの話があったり、
日向家訪問の回では一番のびのびしてたりと決して地味なわけではないのですが。

そしてオリジナル勢についてですが、前述のような濃厚な設定を作ってるにも関わらずでしゃばらなすぎる感じで…
…もっとでしゃばってもいいのよ?
とにかく謙虚すぎる活躍でしたね。とくに敵側が。
でも決して好感が持てないというわけではなく、影が薄すぎる印象も受けませんでした。
間違ってもネット上でヒューゴゴさんとか某霧の人みたいな扱いは受けないでしょう。

ただ、女性主人公と男性主人公でカットインの出来に差がある感じがしました。どっちかっていうと男性主人公のほうがモーションも必殺技の演出もかっこいい気がします。
あと何の関係もありませんが、女性主人公のベルトからくまさん下げてるデザイン可愛い。

そうですねー。総合すると、参戦作品の販促ゲーとしては十分なんじゃないでしょうか。
スクライド面白そうだなーと思いましたし、弟はRODにハマってますし、私はオーフェンに激烈に興味がわいてきてますし。

あ、書き忘れてましたが、ゲームバランスはちょっと難ありって感じでした。
序盤はちょっと根性いる感じでしたが、中盤以降はサクサクです。
ラスボスで止まるって話もよく聞きますが、普段から経験値とエンカウントUPさせるおまもりつけてれば大したことないです。
やって損はないと思いますねー。シリーズ化超希望です。




theme : ゲームプレイ日記・雑記
genre : ゲーム

2012-02-16(Thu)

ヒーローズファンタジア面白いよ!

色々書きかけで一か月ぐらいブログ放置でしたー!
まぁ、ブログ更新に関しちゃもはやそんな姿勢がデフォになってますから、私。

ヒーローズファンタジア (通常版)ヒーローズファンタジア (通常版)
(2012/01/19)
Sony PSP

商品詳細を見る


最近買ったヒーローズファンタジアってゲームが面白い件。
2ちゃん見ると、

・参戦作品のラインナップ、どうしてこうなったw
・カオスすぎるだろ
・ケ ロ ロ www
・好きな作品が参戦してるのになんでか全然買う気がしない
・間違いなく糞ゲーwww

と、散々な評価受けてましたけど意外に良作でしたー!
一個も観たことある作品ないけど、今んとこ楽しんでやってます。

コンセプトとしては、スパロボ的なクロスオーバーRPG。
バンプレから出されてるし、女主人公のカットインでプルンバストが出現するあたりは、あー、スパロボっぽいなあって感じ。

でも、難易度は硬派。
特に序盤は、初見ボスに二、三回ぬっ殺されるのは当たり前って感じ。
まー、それでもDTBの黒さんが入ってきてからは雑魚戦超絶楽勝になりましたけど。

以下、各作品のキャラやらなんやらについての感想。
ただし未クリアっす。

<スレイヤーズ>
序盤のメインウェポン。
中盤以降は、技とかその他の性能もろもろあいまって、リナよりガウリイが使われがちな印象。
メイン四人以外は、よくわかんないおかっぱ君やら真っ黒な暗殺者の人やらが出てくる。

<魔法戦士リウイ>
キャラは立ってるし、会話にも結構絡んでくる。
でもなんとなく使ってない。
原作見てない身としては、主人公の技でリウイパンチってどういうネーミングwww

<魔術士オーフェン>
ファンいわく原作寄りのオーフェン。
多分「オーファン」って単語に反応するところとか、翼手化実験に眉をひそめるあたりとかが原作寄りなのかな、と推測。
ギャラリーのキャラ紹介を読んでから、今回の参戦作品の中で一番原作見てみたくなった。
レキビーム強杉www
そしてスクライドのカズマと異様なほど馬が合う(?)オーフェン。
「「それは俺が言おうと思ってたことだ!」」

<ケロロ軍曹>
・タママが黒さんに憧れて銀に嫉妬
・ギロロが舞HiMEのクール系の子と「「ふっ…」」
・クルルさんマジアストナージ
・いきなり団子
・超時空連絡機
・時空一懐の深い日向家
etc…

ごめん列挙するとキリがない。
ストーリー上のキーパーソン。
「こんなに人が増えると場所が足りなくなるんじゃない?」→「地下に空間作りました」
「誰にも気づかれずに厳重な警備網を潜り抜けるとか無理じゃない?」→「アンチバリアで姿見えなくしました」
ケロン星人の技術力は世界一ィィィッ!
あと、たぶん一番他作品とクロスしてる。世界観はともかく、キャラクター的には。
性能もいい感じ。戦闘中のアニメーションも結構細かい。

<R・O・D>
説明書読んだときは、読子さんって結構キッチリした真面目系の人かなって思ってました。
ボイス。
「本を… 本を、返してください~!」
「はぁ~っ」
「やぁっ」
「ほわぁ~っ」

第一印象と実物が違いすぎるよ!?
声がかわいい。
必殺技カットインでどうしても胸に目が行く。なんという巨乳。
そして鉄壁。ケタ違いの防御力と必殺技の燃費の良さで、パーティーに欠かせない存在となりました。
サブのドレイクさんも、桁違いの連携値の高さで行動回数を増やしたいときはとても便利でした。

<BLOOD+>
ファミレスでバイトするハジ。
「あいつの作るパフェはおいしいからな!」とは舞HiMeの命談。
劉鳳がホーリーを見限る要因のひとつがアルターの翼手化研究にホーリーが協力してるからだったりと、現実世界の世界観には結構影響与えてるかも。
弟クンは死にません。ていうか、原作の展開的にはあんまり進んでません。
そして、猫(マオ)さんとケロン星人を見たときの反応がなにげに一番冷静だった小夜。

<スクライド>
舞HiMeとこれがキャラ数とか展開とか色々優遇されてた感じかな。
攻撃力特化のカズマと防御が高い劉鳳。
クーガーさんとカズマはファースト、セカンド、ラストでシェルブリットのカットインが変わっていきます。
かなみ可愛い。君島は死にません。
ホーリーはBLOOD+やらオリジナル勢やらからヤバいものを提供されたせいで、ほんと悪役扱いになっちゃってます。
それでも隊長とかスイカの人とか良心ありそうな感じに書かれてますけど。

<DTB>
黒さんの通常攻撃の威力が制作スタッフ数値設定ミスったんじゃないかなってぐらいに鬼畜。
雑魚戦だと、戦闘開始から終了までに十秒とかからないようになってしまいました。
普通攻撃で10000って。10000って!
なんか、黒さん一人で30万ダメージたたき出したって報告もあるらしいです。
なのに必殺技は微妙。あと、カットインの最後でこっち睨んでるのはなぜwww
蘇芳ちゃんはほっといた時の立ちモーションが可愛い。腰振ってる。
そして黒さんを意識しちゃってる蘇芳ちゃんほんと可愛い。黒と銀の関係とか気にしてる蘇芳ちゃんペロペロ。
ちなみに季くんも出てきます。四川料理もふるまいます。異世界に行っても調味料常備なおかげで困らなかった黒さんでした。

<舞‐HiME>
今、これのステージで止まってる。
衛星でビームって何、なんなの。HP満タンだった読子さんがガードしたのに即死したんだけど何なんですかコレ。幼女こわい。
非戦闘キャラもいっぱいでてます。
風華学園って、たぶん一番広いマップなんじゃないかな。
舞依ちゃん硬い。
そして小夜とリク、カイが風華学園の生徒になり、読子さんが図書室の臨時司書になるというクロスオーバー。



追記
クリアしました。↓から飛べます。
クリア感想記事


theme : ゲームプレイ日記・雑記
genre : ゲーム

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ更新の活力になります
応援・支援中!
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。