1. 無料アクセス解析
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-03-10(Sun)

幕末浪漫 月華の剣士〈下〉朱雀堕天 感想

上巻感想はこちら。

キャラ紹介ページの覚醒後楓が悪人面すぎる件について。
※主人公です



表紙画像、色々反射していて申し訳ない。こうなったのは自宅のスキャナで読み込んだためです。
朱雀堕天(てんをおとすすざく)

表紙を見てるとやっぱり覚醒後楓の扱いが悪役っぽいですね。
守矢兄さんが月華のもう一人の主人公と公式でアナウンスされているとはいえ、これじゃあ兄さんが主人公で楓がラスボスみたいです。FCパッケージのDQ4男勇者ばりの悪役感です。

とか言いつつふとイラストレーターさんの自己紹介読んだら一応、守矢使いの文字が。
ああ、それはしょうがない。しょうがないよ。守矢兄さんが主人公みたいになってもしょうがない。

覚醒後楓が悪役っぽいのは…、お前覚醒後チートすぎんだよ! 体力自動減少程度じゃ全然ハンデになってないんだよダボが! というメッセージでしょうか。
大幅弱体化させられた二幕の彼なら、きっと穏やかな慈愛に満ちた顔つきになってるはずでしょう。そんな覚醒後楓は見たくありませんが。


そして、上下ふたつの巻を合わせると一枚絵になるんですが
青龍變生(うまれかわるせいりゅう) 朱雀堕天(てんをおとすすざく)

上巻:楓(覚醒前)、雪ねえさん、あかり、十三、紫鏡
下巻:守矢兄さん、楓(覚醒後)、暁武蔵、玄武の翁、直衛示源
……。
あれ? かがみん、どこにいるんだ…?






全体の感想としてはとてもさっくり読めたと思います。
月華好きなら読んどいてもいいかな? って感じです。まあ、そもそも今のご時世に月華好きがどんだけいるんだろう、ていうかいるのか? と思わなくもないですが。
攻略Wikiによれば九州・沖縄地方では全滅してるっぽいです、筐体。ああああ……。
墓標ですら(会議室とはいえ)マイナーゲー呼ばわりされてたぐらいですから、もう本当に終わったコンテンツ…なのでしょうか…。

…練習すれば餓狼MOWのほうが面白いかもしれないとちょっぴり思ってはいます。
二幕と一幕では一幕派です。試合開始前のデモ演出と勝利台詞がすごく好きです。

…二幕の小説を読んでみたかったなあ。
追記から詳しい感想。




承前 冥府の門




( ゚∀゚)o彡° かがみん! かがみん!





伍の段 紅葉狩、その後
怪我をして横たわってる雪ねえさんと、ねえさんのいる部屋を外から守り続けている「誰か」の場面。
じっと座り続けている「誰か」は障子に映る影しか見えないのですが、


それが誰であるか、雪にはわかっていた。
部屋の中で布団に入っている雪が寒さを感じるぐらいだから、外はよほど寒いはずだろうに、彼はみじろぎもせずに座している。まるで、そこで雪の安らかな眠りを見守っているかのようだった。

感じずにはいられない楓との扱いの差。
守矢兄さんは少し楓に厳しすぎるんじゃなかろうか。
そして、ここから始まる一連の場面から、雪ねえさんの中で「守矢>>>>(越えられない壁)>楓>>>(越えられない壁)>世間一般男性」らしいことが…、確定ではないんですが、どうもそうらしいことがわかりました。


随分と痛みの引いた肩の傷が清められ、真新しいさらしが巻かれていく。その手つきはいかにも慣れていないという感じだったが、雪には、大きな掌のぬくもりがとても嬉しく思えた。

ここまで雪ねえさんの独白に「楓」の名前一切なし。
楓ェ…。
幸せと哀しみをかみしめる雪ねえさんが切ない場面…のはずなんですが、前巻のヒキがヒキだったせいでどうしても楓に意識がいってたまらない。

いや、わかるんですよ。ゲーム内ではそこまでプッシュされてなかった雪ねえさんの守矢兄さんへの想いを描こうと思えば、これぐらいやらなきゃってことは。
楓に思考を持って行かせると、雪ねえさんすぐ起き上がろうとするでしょうし。
っていうか、五年間ひとりで頑張り続けた雪ねえさんですし、これぐらいの休息は許されても…いいんだろうか…。
でもやっぱり楓ェ…。

 *

楓ー!!!
楓のメンタルが…死んでいる…。
そんな楓に一生懸命話しかけるあかり。頑張って明るい態度で接しようとするあかり。
あかりが良い子すぎる…。

それに対して「もう何もかもうんざりだ、逃げ出したい」「義兄さんと義姉さんにまた拒否られるのが怖い」「自分自身が信用できない」とぶちまける楓。
お前って奴は…と思う一方、

「義兄さんが何も教えてくれなかったことを恨みに思う気持ちだって少しはあるし、そんな義兄さんをかばい続ける義姉さんに腹立たしさを感じることもある。――だけど、それ以上に僕は、僕自身が許せないんだ」
いや、楓はもっと守矢兄さんに怒ってもいいと思うんですが。

とりあえずこのくだりの結論としては十三はいい男ってことで。
二幕で投げられまくった恨み? 忘れるわけないじゃないですか。

 *

え。翁死ぬの?
ちょおおお、待っ、え? 「新たな玄武」云々言ってるんですが。本当に翁死ぬの?
そういえば一幕あかりEDはあかりが四神の力を継承するEDだと聞いたことはありますが、え、まさk玄武継承すんのあかり? 翁ここで死ぬの?

示源乙。

…嘉神の言動を一幕の部分だけで見れば「厨二www」と笑うこともできるのですが、二幕の彼のEDを考えるとちょっと説得力が出てしまうというか何というか…。


このあたりを書き終わった後で一幕あかりED見たんですが、四神の力を丸ごと託されてんですかアレ。てっきり朱雀の力のみ継承するとかそんな感じかなと…。
あかり凄すぎるだろう。晴明以来の天才ってどんだけだ。

弟が成長したあかりの姿を見て「あれ? なんか期待と違うな」って顔してましたが、私はアリだと思います。すごく大人しそうな感じになってましたが、きっと中身はこの頃のままでしょう。
いいじゃない、見かけ大人しそうで中身やんちゃな文化系美人。





陸の段 廻天
きっとあかりの気が強かったりそそっかしかったりするのはこのお父さんの血でしょう。ていうか確定でしょう。だって何かそっくりだもの。

ひかりちゃんキタ! 十三に惚れられてるとか羨ましいぞひかりちゃん!
ひかりちゃんがプレイヤーキャラクター化してたら、あかりとは違うファン層を獲得してたかもですね。病弱だから無理でしょうけど…









……。









ジョインジョイントキィ

あんたは帰れ。

 *

くそっ…、くそう…。
もうお前ら結婚しろよ…! ていうかしてくださいお願いします。

いや、守矢兄さんの雪ねえさんに対する感情は妹へのもの以外の何物でもないかもしれないけどね? つかその辺がぼかされ過ぎててよくわかんないけどね?
雪ねえさんの守矢兄さんへの想いがたまらない。すごく切ない。
しかも読めば読むほど雪ねえさん守矢兄さん以外目に入ってないんだもの。

兄さんも兄さんで「湯飲みが空になってた」とかそのデレねえさん以外わかんないから! ねえさんだから通じるデレだから!

 *

お前には何度も煮え湯を飲まされたよ武蔵……。
弟と月華一幕やってて通じ合ったこと。「月華一幕の真のボスは暁武蔵」。
ゲームのデモにあった進撃の巨人みたいな武蔵復活シーンがなくてちょっとがっかり。

 *

楓よりもあかりと十三の出番のが多くね?
…いや、きっと気のせいだ。深く考えるのはよそう。
楓にお熱なあかりかわいい。でも、楓を助けに行くのは楓が好きだから云々ではなく、あかり生来の性格によるところが大きいんでしょうね。

 *

なんかこう…。この楓見てると、人造人間編で地球に帰ってきたばっかの頃のやたら悟った感じの悟空を思い出すんですが。
この前まであんなに落ち込んでたのに。
…ああ、わかった。つまり


おもいっきし泣き喚いた後の

スッキリ!
スッキリした気持ち

…ってことですか。いやそんなワケあるか。
マジレスすれば、十三のアドバイスと(楓本人も言ってますが)素振りのおかげなんでしょうね。

ちょっと紫鏡かわいいかもと思いました。「大物じゃぁ!」(笑)。





漆の段 新免どの
新免って何ぞ? と思って調べてみたら…、ああ成程。
てっきり楓のことを指した言葉かと思ってたんですが、武蔵のことでしたか。成程ね。
…ん、んん?

「それは夜郎自大というものだ」
夜郎自大って何ぞ? と思って調べたら…、ああ成程。自分の力を知らない輩ってことですか。

この辺読んでて仏教がどうたらこうたらとか示源が翁に学んだのがどうたらこうたらとか、やたら解説が多いなーと思ったんですが、解説部分をスピードワゴンさんに脳内変換したら何の問題もなかったぜ! すごいぜスピードワゴンさん

ところであとがきを読む限り二幕の小説も著者さん考えてたみたいなんですが、ってことはこの後紫鏡どっかで死んじゃうんですか? 死なないと骸にならないし…
あ、そういえば新撰組に追われてるんでしたっけ。なるほど、南無南無。

そして、翁と示源。

「なぁに、何とかなるじゃろう」
いや助けに行ってやれよ、楓を。

 *

楓SUGEEEEEE!!! 足場不安定な船からジャンプで飛び出して、竹棒一本で川を越しただと!
一番最初は読み流したんですけどね。読み直してみて「なんだコイツ」と。
こう言っちゃあ草食系男子への偏見かもしれませんが、なにこいつ超草食系男子なのに身体能力ハンパないんですけど!

冷静に思い返せば楓は格闘ゲームの主人公だし、これぐらいのことやっても何ら驚くことではなかった。

そして楓の悟りっぷりが少し怖い。ここまで来てウジウジされても嫌なんですが、それにしても吹っ切れすぎじゃないか。

 *

武蔵がスタンバっているようです。
うん、そうだね。じゅんびたいそうはだいじ。鞘よりもだいじ。

 *

それじゃあ、かがみんが人里におりるためには天然の海底トンネルくぐる必要があるってことですか。
しかもあの純白スーツで。あの純白を保ちながら。長いエモノ引っさげて。
(帰ったらクリーニングせねば…)
うわあ大変。

そして楓が「なんとなくわかる」「わかるっていうか、感じる」などとニュータイプか超能力者めいたこと言い出しましたが、もう何も言うまい。

対峙する楓と暁武蔵。
武蔵との戦いの中で、守矢の時以来の緊張感を感じる楓。覚醒の前触れである「自分の心が消えてゆくような感覚」に陥りながらも、冷静にその状況を受け入れます。
が、ここで



「代わりに私が貴様の無聊を慰めてやろう。――私はその男よりも強い」

守矢兄さん!

 *

燭台を一斉に灯しちゃったり、出てくるなり笑ってたり。
あらやだかがみんのテンションがMAX。





捌の段 美しき死の翼
楓マジヒーロー。


 *

守矢兄さんは骨の髄まで剣士なのだなあと思いました。そして雪ねえさん…。

だから雪は――女だからこそ――守矢を黙って見守ることにした。
守矢兄さんは雪ねえさんをどうにかしてあげるべき。気持ちに応えられないなら応えられないでその辺ハッキリさせてあげるべき。

気づいてないはずはないと思う。だって、武蔵が


「……娘、しかと見ていくがよい。そなたの想い人の散り際を!」

守矢兄さんのまえでそう言っちゃってたし。


 *

ええと、ええと。

「この世を浄化し、久遠に守っていくためには、人は滅びねばならぬのだ!……そして、それを私がやろうというのだ!」
「だから誰が決めた!? 人を滅ぼしていいなんて誰が決めたんだ!?」
「それは世界の意志だ!」

このやり取り、どこかで…

アムロ
「なんでこんなものを地球に落とす!?これでは地球が寒くなって、人が住めなくなる。核の冬が来るぞ!」

シャア
「地球に住む者は、自分たちのことしか考えていない、だから、抹殺すると宣言した!」

これガンダムじゃねーか!
ガンダムだって思ったらそうにしか見えなくなったよ! どうしようこれ!

 *

あくまでも人を信じ続けたい、人はこれからでも変わってゆける。そう主張する楓。
その間にも、二人の周囲は炎に包まれていく。
目の前の嘉神は、嘉神慎之介は――養父の仇は動けない。おそらく傷が内臓まで達しているのだろう。先ほど、血の塊を吐き出した。
少しの逡巡の後、動けない嘉神に手を差し伸べる楓。嘉神はそれを見て穏やかな瞳で微笑んだ。

そして……、終幕。

作中でも守矢兄さんから散々言われていた楓の優しすぎる性格が、すべてを慈しみ愛する青龍の性に合っているということを嘉神が話していました。
それ故に、楓は青龍に選ばれたのだと。
概世さんも、楓の他に孤児になった守矢や雪を育てていたあたり、とても優しい人だったのでしょうね。





了の段 雪華、繚乱――。
…って思ってたら守矢兄さんorz
いいじゃないですか、最後ぐらい三兄弟仲良く揃ったって。いいじゃないですか、雪ねえさんの気持ちにちょっとは応えたって。

最後にものすごく切ない気持ちにされて終わったんですけど。イイハナシダナーではすまされないよ! だって二幕EDがアレでしょう? アレ知ってたらただただ切ないよ!
二幕ではどう転んでも雪ねえさん切ないんだから、一幕小説版でくらい幸せにしてほしかったよ…。
終わり方としてはすごく綺麗なんだけど、ね……。

総括:雪ねえさんマジせつねえさん




↓ 押していただけたらうれしいです。





スポンサーサイト

theme : 格闘ゲーム
genre : ゲーム

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ更新の活力になります
応援・支援中!
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。