1. 無料アクセス解析
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-02-28(Thu)

MUGENがきっかけといえばきっかけだが

MUGENの主人公連合VSボス連合で、普通の格ゲーキャラにも関わらず大健闘したロックに
「なんだこのキャラかっけぇ!!!」「見切りが完璧すぐる! つえぇ!!」
と惚れたのが格ゲー(およびMUGEN)に興味を持ったきっかけのはずなのだが。



最近もっぱら見てるのは



中野TRFの月華大会。
なぜだ。
興味を持つきっかけになったロックが主人公張ってる餓狼MOWでもなく、ましてやMUGEN動画でもなく、中野TRF(しかも月華大会)。

もう一度言う。なぜだ。

まあハマったのが中野TRFなんで、どっちにしろまっとうな格ゲーファンとは言えないと思いますが。




~中野TRFの特徴~

普通のゲーセン→相手を永久パターンにハメる→非難轟々。
そもそも大会ルールで永パ禁止しているところがほとんど。
中野TRFの場合→相手を永久パターンにハメる→ギャラリー大歓喜。
それどころかギャラリーが試合を永パに誘導しようとする。むしろTRF店長が大会に出場して永パを積極的に狙ってくる。
結果、十数年単位でやりこんでるガチ勢と永パ自重しないヒール勢がかち合うカオスに。

というか、中野TRFの代名詞ともいわれるAC北斗の拳は極論いかにして相手より早く永パを決めるかという勝負の場。

普通の大会なら見かけないような弱キャラが頻繁に出場する。

ニコ生界のテレ東(何が起ころうと本来のスケジュール通りに動画を流し続ける)

ゲーセン閉店後も「中野TRF Night side」として生放送配信している。
格ゲーメインのゲーセンのNight sideのはずなのにメタルギアとかやってる。
そして会場は店長の自宅(ほぼ毎日他人が入りびたり)。
店長の自宅は改造済み。




修羅すぎる…、独自の道を行きすぎてるぜTRF…!
そこに痺れる憧れるゥ!

というわけで、最近はLALや天地創造より格ゲーにモチベーションが傾いております。ごめんなさい。



スポンサーサイト

theme : 格闘ゲーム
genre : ゲーム

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ更新の活力になります
応援・支援中!
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。