1. 無料アクセス解析
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-04-20(Sat)

送電塔のミメイ クリア後感想

レビューカテゴリにある送電塔のミメイの紹介記事を書きなおそうとしたんですが、こみ上げるものがありましてw
ネタバレ含む感想記事を追記部分に書いてたら、ちょっと長くなったので別個記事にしました。




Q.送電塔のミメイって?
A.こんな二人がお送りするとっても優しい物語です。




※ご新造さん=お嫁さん










日射病対策に帽子かぶせてもらったけど全然様になってないミメイさんかわいいよミメイさん。

そして夜刀は爆発しろ

追記から。









EDムービーで鬼の足元に散らばってたのって折鶴だったんですね。
最後のCG「千鶴の願い」から、もしかしたらこの鶴は夜刀の想いが鶴の形になって鬼の元へ届いた物なのかもしれないと思いました。


こんな事言ってた夜刀が本当に千羽折ったらしいんですから、愛の力って偉大ですw

久々に送電塔のミメイを起動させて再度プレイしたんですが、やっぱりこれすごくいいゲームですね。
「千鶴の願い」が力いっぱい幸せなCGで、何度見ても泣けてしまいます。
その他のCGも、タイトル画面の音楽が流れる中鑑賞してると不意に涙が。

随所に織り交ぜられた伏線にも脱帽です。
こことか、
「俺にも」できない

こことか。
ミメイさんの夢=本土を歩き回る夜刀の視点

他にも、鵺と対峙した時に総一郎と杏子が発した祓詩がミメイさんにもしっかり効いてたり…。

あと、つくづく夜刀は鬼のこと大好きなんだなあと思いましたw

「好きな人いるの?」と聞かれた返答

ミメイさんと夜刀はラストシーンでやっと格子越しに手を握ったぐらいの本当に純粋なカップルですが、もう夫婦になる未来しか見えないです。
抱き合ったりはしてましたけどね。夕方のコゴリ退治とかデートにしか見えませんでしたけどね。
傘と刀
末永くお幸せに! としか言えないです。

言葉にして告白したのはミメイさんからですが、
子どもの頃、一瞬顔を見ただけのミメイさんのことを成長した後も想い続けてたり、
ちょっとぼうっとした感じのミメイさんの世話を焼きまくってたり、
ミメイさんがコゴリ鬼で今まさに自分を喰おうとしているとわかっても討つことはできず、実質丸腰のまま姿を現したり、

どう見ても夜刀のほうがぞっこんです。本当にありがとうございました。

最終話のミメイさんと夜刀が切り結ぼうとするシーンで、どうしてお互い相手に襲い掛かるフリをしたんだろうと考えてたんですが…。
二人とも「相手を討たなければ自分が死ぬ」「だからといって自分は相手を討つことはできない」「でも、丸腰で無抵抗だと相手が自分を討つのを躊躇するだろう」「だから襲い掛かるフリだけして、自分は討たれよう」と思ったからなんじゃないかなと。
作者さんは意図してミメイさんと夜刀の関係を恋の一歩手前みたいな感じで描写したらしいですが、本当に正解だったと思います。

ハナちゃんとナギさんのエピソードは何度読んでも心に染み入るものがあります。
コゴリに向かって「お父さん?」と呼びかけるハナちゃんが切ない。ミメイさんと夜刀に助けられた後、「お父さん、大好きでした」と独白するシーンはもっと切ない。


ナギさんは…。ナギさんも切ないんだけど、旦那さんのコゴリを討ちに行く夜刀にも「うわああぁぁ」ってなりました。
旦那さんはミメイさんみたいに自覚のないコゴリ鬼だったんでしょうね。コゴリという自覚がないまま、普通に家へ帰る心境であの戸を叩いたんでしょうね。
そんなコゴリを討つ夜刀の心境を考えると…。

そんなこんなで送電塔のミメイ大好きなんですが、あえて難点を挙げるとすれば…、テツさんかなw
だってあの人下心でしか動いてないもの。悪い人じゃないし、夜刀にビビりまくる様は面白かったんだけれどもw
ナギさんだけじゃなくて、ハナちゃんとの色々も描写されてたらよかったのになあと思います。
まだ父親を想っているハナちゃんになんとか新しい父親として認められようとするテツさんとか、終盤、島の人々がコゴリの出現にざわめくシーンでハナちゃんとナギさんを守ろうとするテツさんとか、そういう描写があればまた違ったのかなあ…。
一応EDムービーでハナちゃんに肩車してますけどね。
あの時のハナちゃんが赤い蛇の目傘を持ってるのに「あ!」と思ったのは私だけじゃないはず。

あと総一郎の終盤のあの一言が腑に落ちない。「おま、お前ミメイさんのこと覚えてたの? どうして?」とモヤモヤします。
総一郎本人はいいキャラですけどねw
夜刀の顔www

コゴリのミメイさんと鬼のミメイさんが同一の存在だというのも読み終わった直後はしっくりこなかったです。
それならコゴリのミメイさんが一生懸命鬼のミメイさんの所へ行こうとしてたのはなんだったんだろう…、と。
今は「多分、あの場所まで辿り着くことでコゴリのミメイさんは鬼のミメイさんとひとつになったんだろう。そうやってコゴリのミメイさんの想いを伝えたんだろう。きっとそうだ」と解釈してます。
そういえば、コゴリが実体化できるのは化ける対象がもうこの世にいないからなんですよね。
なら、コゴリのミメイさんが鬼のミメイさんと同じ場所に行けば、同じ存在が同時に在ることはできないとかそんな感じで二人が一体化する…、とか。そんな発想だめですか? てかこれだったらもう伝奇モノじゃなくて若干SFですね。

最後に一言。
EDムービーのCGはどうして閲覧できないんですか…!
一応いつでも見れはしますが、ムービーじゃ一瞬すぎますって。しげしげじっくり舐めまわすように見たいシーンが多すぎますって。
正装して結婚式に出席してる夜刀とか、正装して結婚式に出席してる夜刀とか、正装して結婚式に出席してる夜刀とかw
中には本編になかったCGもチラチラ見えた気がするんですが、どうでしたっけ?
血まみれの刀を持ってうっすら笑うミメイさんの絵とか本編で出てきましたっけ?

総一郎と杏子を「小僧」「小娘」呼ばわりしてたのは夜刀的に黒歴史に違いないw

スポンサーサイト

theme : フリーゲーム
genre : ゲーム

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

こんばんは、こちらにコメントさせていただくのはお久し振りですねw

送電塔のミメイ、私も数年前にプレイした記憶があります…が、実は詳しい内容は完全に忘れちゃったんですよね(´・ω・`)
でもプレイしていて凄く雰囲気の良いゲームだなぁと思っていたのは覚えてます。
今はSeraphic Blueのプレイでいっぱいいっぱいですが、送電塔のミメイも久し振りに再プレイしたいなぁと思ってしまいました♪

Re: No title

> こんばんは、こちらにコメントさせていただくのはお久し振りですねw
いえ、コメントありがとうございます!

> 送電塔のミメイ、私も数年前にプレイした記憶があります…が、実は詳しい内容は完全に忘れちゃったんですよね(´・ω・`)
ミメイプレイヤーに出会えてうれしいです。…って、内容忘れちゃったんですかw

> でもプレイしていて凄く雰囲気の良いゲームだなぁと思っていたのは覚えてます。
そうですね。私も送電塔のミメイはすごく雰囲気の良いゲームだと思います。
多分、私がメリィさんのように送電塔のミメイの詳しい内容を忘れる日がきても、あの雰囲気の良さは忘れることがないでしょうね。
あれは送電塔のミメイの特徴と言っても過言ではないと思いますw

> 今はSeraphic Blueのプレイでいっぱいいっぱいですが、送電塔のミメイも久し振りに再プレイしたいなぁと思ってしまいました♪
Seraphic Blueプレイ日記の続き、楽しみにしてます。
がんばってください。

No title

>>あと総一郎の終盤のあの一言が腑に落ちない。「おま、お前ミメイさんのこと覚えてたの? どうして?」とモヤモヤします。

あのシーンでは、一応「総一郎の声が、木立の向こうから聞こえた”気がした”」と記述されていますので、覚えていたというわけではないと思いますよ。本当に覚えていたならそれはそれで解釈の余地が広がって面白いですけど。

Re: No title

はじめまして、Tonegawaさん。
コメントありがとうございます!
ミメイの記事にコメント付いたことが素直に嬉しいです。

> あのシーンでは、一応「総一郎の声が、木立の向こうから聞こえた”気がした”」と記述されていますので、覚えていたというわけではないと思いますよ。
…ムムムッ!
つまり、私はマジレス乙wwwだったわけですね。もっとちゃんと文章読んでれば…orz
ご指摘ありがとうございます。

>本当に覚えていたならそれはそれで解釈の余地が広がって面白いですけど。
もしかしたら、作者さんはそれを狙ったのかもしれませんね。
展開の中に読者の想像に任せる部分を作ることでより深い印象を持たせようとした、とか。
ふとTonegawaさんへの変身を書いていて思った事なんですが、伝奇モノとこんな感じの事実をぼかした描写って雰囲気的にすごく合う気がします。
つっても私が読んだことある伝奇モノってそんなにないんですけど。ミメイと同様にフリーゲームである「茜街奇譚」も読みさしで終わってますし。
…なんかいい伝奇モノあったら紹介してくださいw

ではでは、コメントありがとうございました。
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ更新の活力になります
応援・支援中!
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。