1. 無料アクセス解析
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-06-13(Thu)

紫影のソナーニル 第3章を見て思った事




エリシアさんが自分で作った自立歩行鞄、ジョン。

機械ゆえに意思はないはずなのに、脚の軋む音ひとつでプレイヤーとエリシアさんを和ませる天使。
ジョン可愛いよジョン。




~そんなジョンの製作秘話~







「造形を見ただけで血相を変えられるデザインの顔」
…。

エリシアさんは青い人形も「可愛い」と言えるセンスの持ち主なのかもしれない。

アソボウヨアソボウヨ

青い人形:美術館を舞台にしたフリーホラーゲーム「Ib」に出てくる人形。
       言動はカワイイかもしれない。ホラゲでなければ。




























そして、リリィちゃんパートでは。

色々。
色々あったあげく。




























この有無を言わさぬっぷりですよ




のんすとっぷ車掌。




リリィちゃんを裸にひん剥いてお風呂に入れるAさん。
恥ずかしさのあまりリリィちゃん涙目。


…うん、えーと。うん。

※Aさんに下心はありません、念のため。
※お風呂に入れてるだけです、念のため。
※リリィは一人でお風呂に入れませn…いや、入れるかもしれないけど…うん。




しかも、追い討ちのように。





セクハラ(無自覚)とか何だこの人。
そんな不意打ち喰らったリリィちゃん。





動揺しまくる。かわいい。


一応Aさんはその後リリィちゃんに謝ってました。
うろ覚えながらその台詞を書きだすとこうなります。

「すまない。だが、心配することはないよ。君は人間で、僕は人間ではない。
 わからないかな。いわば、これは僕にとって猫を洗うようなものだ。だから僕が君の肌に我を失うことはない」



>猫を洗うようなものだ。

>猫を洗うようなものだ。



どう見てもフォローになってない件について。


そんなAさんは食事中でも



自分の手元なんざちっとも見てません。
ガッツリ。リリィちゃんロックオン。

もう本当に変態っぽさ(褒め言葉)が漂ってるんですがどうしましょう。
大変ぷまいですAさんありがとうございます。

あと、例によってうろ覚えですが

「僕は作り物だからね。自らの造形の良さは自覚しているよ
お前って奴は。










そして、物語は進んで。



普段は「ひひひ」と笑うばかりのマオの嘆きがあって。







幼馴染の妻と娘を救うことすらできないルチアーノの嘆きがあって。







――リリィの決意があって。






















ランバージャックさああああああああああああああああああ




















なんかもうこのままポルポルマンネリ化しそう


あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
「おれは アリス+オズっぽい不思議な物語をプレイしていたと
思ったら いつのまにか変身魔法少女モノをプレイしていた」
な… 何を言っているのか わからねーと思うが 
おれも 何をされたのか わからなかった…
頭がどうにかなりそうだった… 催眠術だとか超スピードだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ…














エリシアさんは廃墟でオルゴールを見つけました。



そのオルゴールは、「カトリーン」という名前の誰かの誕生を祝って贈られたものでした。

エリシアさんは想いを馳せます。
5年前のNY消失時にはまだ幼かったであろう彼女の事を。
その誕生を祝福し、このオルゴールを贈った人物の事を。




リリィたちは地下鉄が停まったクイーンズ・ブリッジ団地でカトリーンという名前の女の子と出会います。



自分が生まれた時に父親が贈ってくれたオルゴールを宝物にしているカトリーン。
眩しい笑顔を持つ彼女とその母親であるユリアナさんから、リリィは「笑顔」というものを学びます。



そして、それぞれの思いを胸に、エリシアさんは/リリィは再び旅立ちました。
灰色の空の/紫の空の果てを目指して。







スポンサーサイト

theme : エロゲー
genre : ゲーム

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ更新の活力になります
応援・支援中!
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。