1. 無料アクセス解析
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-30(Tue)

きょうごくどうを げっとした!


魍魎の匣 (2) (怪COMIC)魍魎の匣 (2) (怪COMIC)
(2008/08/18)
志水 アキ

商品詳細を見る


というわけで、遅まきながらも魍魎の匣二巻をゲットしました。
一巻目のアニメ塗りっぽいのは何とも思わなかったのですが、
今回の表紙は一言で表すなら美麗です。
私はイラスト関係の勉強などこれっぽっちもやった事がないのですが、
ちょっと知った口利かせてもらうと二巻の表紙は色遣いといい構図といい
凄く素敵だと思います。
原作によれば「男前」に見えなくもない(らしい)中禅寺秋彦様。
そのバリバリインドア派な肌がどこからか差す蒼に映えて(笑)
こういう「美形」はアリよ私的に。
だからアニメのキャラデザCLAMPってのは
色々と何かを勘違いしてるとしか思えな(以下略)

あとさ。
裏表紙の関君Nice!(笑)
君はやっぱり関君だ。鬱な視線がとてもステキ(語尾ハートで)(ほっとけ)

で、感想に参りますが……
実を言うと一巻はあんま好きじゃありませんでした(汗)
絵がちょっとキラい。コマ割りは面白いけど……って感じで。
イヤすんません訂正します。二巻目。本当に、皆さんとても素敵でした。
まず京極堂のうんちく(笑)
ものの見事に要約されてて
原作と比べると凄くわかりやすい感じに収まってます。

あ、でも原作の情報整理やそれに関する表現が
ダメだと言ってるワケじゃないですよ(汗)
むしろ京極夏彦先生よくここまで書いたなと……(色んな意味で)
ただ、絵と文の媒体としての違いといいますか。
小説では「字を追う→想像する」という手順を踏んで
書いてある内容の理解に至りますが
漫画ではダイレクトに視覚情報として内容が入ってくるため
小説に比べると理解すんのが早いんですね。
(ただそんな利点もあればあんなコストもあるって感じで
「漫画のほうが小説より優れている」とかそんなのはありませんが)

また、志水アキ先生が作品内の現状を表にしたりと
所々に工夫を凝らしてより一層読者の理解を促しています。
いい人にコミカライズされたね「魍魎の匣」……!゜.*。(ノД`)
なのにアニメは(しつこい)

あとキャラデザも光ってました。
コケシ刑事青木君とか天然カストリ記者トリちゃんとか。
(トリちゃんは前巻から登場してるけどさ)
そして何よりィ……

変態監察医里村さんッ!!!

「それより僕の話も聞いてくれよぅ! ちょっと頭に来てるんだ」
「解剖マニアのてめぇの頭がイッてんのは先刻承知だ」(※木場の旦那)
「じゃ な く て! 僕は怒ってんの!」

あなたそんなに可愛かったっけ? 可愛かったっけ? (゜Д゜;)
「魍魎」ではあと一回ぐらいしか出てこない超脇キャラですよね?
志水さん美味しすぎるぞ。凄すぎるぞ。
だって原作好きが諸手を挙げて喜ぶコミカライズなんて……!

ああ、キャラデザといえば。

「僕は神だ」

榎さん初登場の巻ですね第二巻。
でも榎さんについてはこちらの記事で語っちゃってて
あんま話す事が……(単行本を改めてめくる)
(゜Д゜;)
うわああああ中表紙に榎さんがいるううぅ!

薔薇って何、薔薇って。何このすんげえビスクドールな榎さん。
もう……志水先生……あなたは京極ファンですね?
いえもう絵を見たら一発でわかりますよ。……って自らそう名乗ってたっけな……。
榎木津礼二郎
ちなみにコレは小畑健先生の描いた榎さん像。
こっちの榎さんもすんごく榎さんらしくて素敵ですね(どういう意味だ)
彼を描くのは案外難しいと思うのです。ホラ、あの性格だから。

「匣の中の娘」の描写も前巻に引き続き素晴らしかったです。
次巻を楽しみにしたいと思います。


スポンサーサイト

theme : 漫画の感想
genre : アニメ・コミック

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ更新の活力になります
応援・支援中!
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。