1. 無料アクセス解析
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-06-26(Thu)

ラジカルやりてぇ~ッ!

ラジカルドリーマーズというゲームがあります。
クロノ・トリガーの十数年後(か、二十数年後?)が舞台の、
サウンドノベル形式パソコンゲームです。

……欲しい。
すんごくやりたい。やりたくてたまらない。

前々から存在は知っていたのですが。
その希少価値も、ギルっつう名前でどこかの誰かさん
もれなく出演なさっていることも承知の上だったのですが。

ついこの間、そのストーリーを大まかながらも説明されているサイト様に出会いまして。
もう喉から手が出るほど欲しい(クロスと違ってペンダントの矛盾点もないし)

ていうかアンタ切なすぎるよ「どこかの誰かさん」……!

彼と○○のカップリング好きな私には、
ストライクゾーンどころかデッドボールな内容でした。
やりてぇよー!
(なのにニコニコのプレイ動画観ようと思ったら音出ねぇし)(

以下、ちょっとつっこんだ内容。


そのサイト様の「シナリオリプレイ」を読んでいて印象に残ったのが
セルジュからグランドリオンについて聞かれたときと
「心の殻」に閉じこもる元アカシア騎士団員を前にした時のギルの反応。

「心の殻」について語るギルの内心を想像して、
彼から見た「○○○」はどう見えていたのか、ちょっと気になりました。
「○○」が彼女自身であることを拒んだ結果として「○○○」が生まれたのだとすれば、
彼女は「心の殻」によって生まれた存在だともいえるのではないでしょうか。
そんな「○○○」を、ずっとそばにいながら……彼はどんな風に受け入れていたのか。

グランドリオンについて聞かれたときのギルには
「アンタやっぱりトリガーのあの人でしょ」ってな感じでちょっと笑った(笑)

いやー……。にしても(明示的ではないにしろ)○エ○の話題が出るとは。
びっくり。驚き。歓喜。……でもやっぱ笑える(笑)
彼と「彼」の絡みがいまいち想像しづらかった私には、なんていうか天恵かも。
実際トリガーだけ見てると微妙なところだもんなあ。カ○ルと「彼」の関係は。

……ところで「赤き魔剣グランドリオン」って、どーゆーことですか?(汗)

スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ更新の活力になります
応援・支援中!
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。