1. 無料アクセス解析
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-09-22(Mon)

中世編クリアー……

……アリシア。
東の山に魔王あり… 邪悪な心 邪悪な力を持ち 邪悪な姿となりて…

ニコニコ動画のコメントとか見ながら
「LIVE A LIVE」を「LIVE A LIVE」たらしめてるのはオルステッドの悲劇なんだから
「オルステッドにも救われるエンディングを!」というのは実現したらイカンだろ、
とか
思ってましたが……。

「私には…… もう何も残ってはいない……
 愛する人も…… 帰るところも…… 信じるものさえも……」

台詞、例によってうろ覚えですが

(;ω;)


中世編プレイ動画集

あちゃぽさんのLIVE A LIVE中世編プレイ動画


LIVE A LIVEネタ混ぜリプレイ(※ニコ房推奨)


Youtubeより。(初見の人はこの動画をお薦めします)
(ニコニコのはコメント的な事情で初見に厳しいです)(笑)


Part.1


Part.2


続きはコチラ。
Part.3Part.4Part.5Part.6(ラスト)

どうでもいいが、Youtubeのプレイ動画音が終わってるな……。
多分エミュなんだろうな、実機じゃなくて。

以下中世編のクリア後簡単感想

もう少しなんとかならなかったんだろうか。
本当にそう思います。

「その魔王とやら… 武闘大会の優勝をきそった… 俺達で倒してやろう!」
「誰よりも… あなたを… 信じます」

LIVE A LIVEキャラ中最も嫌われているであろうこの二人。
その言動は叩かれる事山の如しですが
彼らはきっとこれらの台詞、本心から言ってたんだろうなと……
そう思うと、何だか凄く切なくなります。どこでどう歯車は食い違ったんでしょうか。

で、こう書くとまあニコ房のあのテンションから察するに、
どこが本心じゃー! とか反論されそうな気がしますが
まあ、そんな方はいっぺんアリシアやストレイボウの立場になって考えてもみてくださいよ。

武闘大会だか何だか知らないけれど、とにかくそんなモノで人生の伴侶が決まってしまう。
一応「求婚の権利を与える!」とあるだけで
決して武闘大会の優勝者と結ばれなければならないわけではないけれど
それでもやはり沸き返る大会会場と死に物狂いで勝ち抜いてきた優勝者を前に
求婚を断るなんてマネ、そうそう出来ない。
……受け入れるしかないじゃないですか。

それでですよ。武闘大会に出場してたメンバー。
ゲーム内でわかるだけでも子連れのワット・ナーベとかアームストロングとかですよね?
まあ、私がアリシアだとして、コイツら前にして結ばれたいかどうかと考えると
絶対イヤです(全国のワタナベに謝れ)(アームストロングにも)
見知らぬ子連れとどう見ても堅気じゃないアームストロング。ヤですよ、当然。
……で、(多分)ハラハラしながら見ていた結果
勝ち上がってきたのは金髪の青年剣士オルステッド。
……正直ちょっと安心しません?(黙れ)
アリシアはきっと「この人なら愛せるだろうか」「この人は私を愛してくれるだろうか」という不安を
あの瞬間感じていたのだと思います。
ですが、彼女はその不安を押し切って
オルステッドの求婚に――ひいては国民の、そして父親であるルクレチア王の期待に応え
そして決意したのだと思います。
オルステッドを、愛そうと。
だから、彼女のテラスでの一幕。

「姫というのはやめてください…
これからは父上よりも… いいえ 誰よりも…
あなたを…信じます」

という言葉には言外に「あなたも私を愛してくれますか?」という問いが
詰まっていたのではないかな、と……。
そう考えると、オルステッドではなくストレイボウが自分を助けに来たとわかった時の
彼女の心情が、そしてラストでの「私は… 待っていたのに…」という言葉の重みが
少しは違ってくるのではないでしょうか。
アリシアもまた、オルステッドを愛していた。……愛そうとしていたのだと考えれば。

で、ストレイボウですが、彼もまたオルステッドを心底憎んでいたのではないと思います。
じゃなきゃ、生きているかどうかもわからない十数年も前の勇者を探し出し
魔王山を登って魔王と闘う、なんてアテのない(そして危険な)旅にはついてきませんよ(汗)
多分ラストの「てめえなんかにわかられてたまるかよッ!」を初めとする
彼のオルステッドに対する罵倒も掛け値の無い本心だったのでしょうが
それ以上にそれは彼自身追い詰められていたという証なのではないかと思います。
一時の衝動で唯一無二の親友を裏切り
(アリシアの反応から察するに)嘘をついてまで愛する人を自分のものにしようとし
さらにその裏切った親友をさらに貶めるようなマネをしてしまった自身への呵責の念。
その一方で、ここまでやったからにはもう後には引けまいという気持ち。そして
積もり積もったオルステッドへの劣等感と怒りが彼を追い立てて
決して足を止めることを許さなかった。
この解釈だとオルステッドの悲劇の始まりを求めるなら
それは「ストレイボウの裏切り」になるわけですが……彼もまた憎めない存在なのだと思います。
しかし、一体何が彼……ストレイボウをそこまで駆り立たせたのでしょうね。
そんな素振りは一切無かったし、無いが故にあのエンディングが衝撃的なものになったわけですが。

で、中世編終了したワケですが。
……あー、私最終編の主人公、プレイ前はオルステッドから始めようと思ってたのですが
無理でした(え) 観れませんよ!
あのエンディング観た後、オルステッド編「SAD END」なんて観れませんよ!(泣)
少しでも彼に救いのあるエンディングを、と……今は最終編主人公:アキラで進めています。
現在のメンバーは

・アキラ ・おぼろ丸 ・レイ ・高原

なんという私の趣味全開なパーティ編成(え)


スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ更新の活力になります
応援・支援中!
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。