1. 無料アクセス解析
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-11-01(Sat)

容疑者Xの献身読み終わったのヨ

でもタイトル関係ナシに
内容は京極だから気をつけてくださいね☆

(カラオケ行った後でテンションがおかしいです)

東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」を読み終わりました。
で、思ったこと。

私は京極作品に出会うまでミステリ軽視症でした(笑)
というのも小学生の頃、かなりのファンタジっ子だった私に
「もっと色んなものを読め」と周りの大人が他ジャンルの本を
たっくさん手渡してきたりしてたんですよね。
文学の面白さに気づいた今ではそんな大人たちの気持ちもわかるんですが
当時の私にとっちゃあそれはありがた迷惑でしかありませんでした。
私が読みたいのはファンタジーなの! こんなんどこが面白いんだよ! という(汗)

でも、やっぱ周りがそんなに薦めるからには面白みもあるんだろうと
かつての私は小学校の図書館にあったシャーロック・ホームズ「まだらのひも」
手に取り、そして――

投げた(笑)
といっても、途中で読むのをあきらめたわけではなく
しっかりと最後のページまで読んだ上で――
投げた。わー、ホームズファンの方々すみません~(汗)
いえ、ね。作中で被害者が出て、ストーリーが
「さあコレはどうやったんだ!? 密室殺人だ!」みたいなテンションの時にですね。
まさかこのひもってヤツが○○だったりしないよなあと。
そんなお粗末な結末じゃないだろうなと思ってたんですよ。
で――

投げた。というかちゃぶ台をひっくり返した。
そのまさかだったんですよまあ。で、そんなミステリ初体験だったが故に
私の中では「ミステリ=お粗末・予想内」という図式が成り立ってしまうことに(汗)
ちなみにこの後も何回か海外ミステリに挑みました。
たまたまだよ! たまたま「まだらのひも」が簡単だっただけなんだ! と
思いながら(笑)
が、アガサ・クリスティのなんか名前がどーたらこーたらって話を読んで
やっぱこの図式間違いねぇと。これはきっと私にとって磐石だ、と。
そんな大層な間違いを犯してしまったワケですが。

話を戻します。
そんな私の目を覚まさせてくれた京極作品。というかあれミステリって呼んでいいのかな?
そう。京極作品です。……榎さんです。
それまで真っ白だった私の探偵像。
ミステリを敬遠していたが故に世の中でいうところの「フィクション名探偵」
どういうものか、名探偵コナン以外ではまったく知らなかった私に

とてつもないファーストインパクトが。



「わははははそうだ!
この僕が世界で唯一の正しい探偵だッ!」


……(゜Д゜)
……(゜Д゜)
……(゜Д゜;)ナニコノヒト!!!


もう京極ファンにはこれだけで十分ですね。
ていうか初めて読んだ時はこうはならなかったんですよ。
でも、魍魎以降の榎さんは色んな意味で素晴らしすぎて
ホントにどうしようもなくて(汗)
このテンションで、シリアスなシーンにも適合する彼は
もはや彼以外ではありえない(汗)
で、それ以降の私の探偵像は



榎さんだったワケですが。
この容疑者Xを読んで
……。
…………。
………………('Д' )アアナルホド
これが世でいう「名探偵」なのかと切に(略)
そういえば「魍魎の匣」のアニメってもう始まってるんでしたっけ。
追記に載せてます。でもまだ観てません。むう。


第一話 「天人五衰の事」
Part.1/3

Part.2/3

Part.3/3


スポンサーサイト

theme : ミステリ
genre : 小説・文学

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ更新の活力になります
応援・支援中!
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。