1. 無料アクセス解析
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-06-13(Thu)

紫影のソナーニル 第3章を見て思った事




エリシアさんが自分で作った自立歩行鞄、ジョン。

機械ゆえに意思はないはずなのに、脚の軋む音ひとつでプレイヤーとエリシアさんを和ませる天使。
ジョン可愛いよジョン。




~そんなジョンの製作秘話~







「造形を見ただけで血相を変えられるデザインの顔」
…。

エリシアさんは青い人形も「可愛い」と言えるセンスの持ち主なのかもしれない。

アソボウヨアソボウヨ

青い人形:美術館を舞台にしたフリーホラーゲーム「Ib」に出てくる人形。
       言動はカワイイかもしれない。ホラゲでなければ。




























そして、リリィちゃんパートでは。

色々。
色々あったあげく。




























この有無を言わさぬっぷりですよ




のんすとっぷ車掌。




リリィちゃんを裸にひん剥いてお風呂に入れるAさん。
恥ずかしさのあまりリリィちゃん涙目。


…うん、えーと。うん。

※Aさんに下心はありません、念のため。
※お風呂に入れてるだけです、念のため。
※リリィは一人でお風呂に入れませn…いや、入れるかもしれないけど…うん。




しかも、追い討ちのように。





セクハラ(無自覚)とか何だこの人。
そんな不意打ち喰らったリリィちゃん。





動揺しまくる。かわいい。


一応Aさんはその後リリィちゃんに謝ってました。
うろ覚えながらその台詞を書きだすとこうなります。

「すまない。だが、心配することはないよ。君は人間で、僕は人間ではない。
 わからないかな。いわば、これは僕にとって猫を洗うようなものだ。だから僕が君の肌に我を失うことはない」



>猫を洗うようなものだ。

>猫を洗うようなものだ。



どう見てもフォローになってない件について。


そんなAさんは食事中でも



自分の手元なんざちっとも見てません。
ガッツリ。リリィちゃんロックオン。

もう本当に変態っぽさ(褒め言葉)が漂ってるんですがどうしましょう。
大変ぷまいですAさんありがとうございます。

あと、例によってうろ覚えですが

「僕は作り物だからね。自らの造形の良さは自覚しているよ
お前って奴は。










そして、物語は進んで。



普段は「ひひひ」と笑うばかりのマオの嘆きがあって。







幼馴染の妻と娘を救うことすらできないルチアーノの嘆きがあって。







――リリィの決意があって。






















ランバージャックさああああああああああああああああああ




















なんかもうこのままポルポルマンネリ化しそう


あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
「おれは アリス+オズっぽい不思議な物語をプレイしていたと
思ったら いつのまにか変身魔法少女モノをプレイしていた」
な… 何を言っているのか わからねーと思うが 
おれも 何をされたのか わからなかった…
頭がどうにかなりそうだった… 催眠術だとか超スピードだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ…














エリシアさんは廃墟でオルゴールを見つけました。



そのオルゴールは、「カトリーン」という名前の誰かの誕生を祝って贈られたものでした。

エリシアさんは想いを馳せます。
5年前のNY消失時にはまだ幼かったであろう彼女の事を。
その誕生を祝福し、このオルゴールを贈った人物の事を。




リリィたちは地下鉄が停まったクイーンズ・ブリッジ団地でカトリーンという名前の女の子と出会います。



自分が生まれた時に父親が贈ってくれたオルゴールを宝物にしているカトリーン。
眩しい笑顔を持つ彼女とその母親であるユリアナさんから、リリィは「笑顔」というものを学びます。



そして、それぞれの思いを胸に、エリシアさんは/リリィは再び旅立ちました。
灰色の空の/紫の空の果てを目指して。







theme : エロゲー
genre : ゲーム

2013-06-11(Tue)

紫影のソナーニル 3章前の間章を見て思った事

過去エリシアさんのターン!
前回、少女漫画もかくやという心理描写を見せてくれたエリシアさん。ていうかエリシアちゃん。



大丈夫。
この前ので心構えはできた。不意打ち的な驚き方はしないはず。



もう、何も怖くない。(フラグ)



アラン先生と出会って一か月。
エリシアちゃん。家庭教師をしてもらうも、



Sonanilerisiapast3.png


Sonanilerisiapast4.png



あまずっぺえ…!
誰の目から見ても明らかなほど恋しちゃってるのに、本人は自覚ゼロのエリシアちゃん。



親友のヴィヴィにも「ただの憧れだから! わたしなんかじゃ迷惑だから!」と言い張るエリシアちゃん。
あんまり言い張るものだから、とうとうヴィヴィは






アレだ。こういうシーン何かで見たぞ。


そうだ。図書館戦争だ。






ああそうだね。
少女漫画の主人公が恋愛に奥手な場合、その親友ポジションがその子の目覚めを手伝う展開って割と見る気がするね。
このゲームのジャンル? 男性向けエロゲだよ言わせんな恥ずかしい。






>可愛いんだから。泣きそうな顔なんかして。
>可愛いんだから。泣きそうな顔なんかして。



おいバックライト自重しろよシルエットしか見えないだろうが。




今回は、うん。
少女漫画っぽくはあったけど、その一方ですごく懐かしい気持ちになりました。
何か…、すごく女の子女の子してる話だなあ、ソナーニル。
ぶっちゃけ間章では男性向けエロゲ要素が見当たらんが大丈夫なのか。





そんな感じで浸ってたら





3章の初めでアラン先生が


SonanilAranpast1.png


甘々な台詞かましていきやがりました。
はは恥ずかしいいいいいい!!!




theme : 乙女ゲー
genre : ゲーム

2013-06-10(Mon)

紫影のソナーニル 第2章を見て思った事

地上を行くエリシアさん。








エリシアさん……。
「この5年、わたしは機械のように生きてきた」と独白するエリシアさん。
こんな姿、あの過去エリシアさんからは到底想像できないぜ…。





一方、地下鉄に乗るリリィは。













・いつも見つめてくる
・いつも傍にいる
・「どうしていっつもいっつも見つめてくるの」「君を守るためだ」「ナイト気取りの男なんて嫌い」









そういう出来事かーらーのー…









Aと書いて「あらてのへんたい」と呼んでました(イラストレーターのAKIRA氏より)















HENTAI大勝利。
※Aさんに下心はありません、念のため。
※お着替えさせてるだけです、念のため。
※リリィは本当に服を脱ぐことができません、念のため。





1章に引き続き、今回もAはワンパンの王子様でした。
ちょっと苦しそうにしてたけど気合で何とかしてたし。ていうか気合で何とかできてしまうAさんやっぱ強すぎますぜ。





「女王の言葉を借りて。
 来たれ、我が影。我がかたち。」

「勇壮なる鉄の響き――」

「強固なる鎧の守り――」

「そして、両断するくろがねの刃。
 我が声に応えて出でよ、我がかたち」


デタ━(゚∀゚)━!



僕らのランバージャックさん!


ロボっぽくて斧で一刀両断するあたりがもうたまらんね。色々くすぐられてしまうね。
どうでもいいけどリリィちゃんにタイヤキ食わせたい。


2章で出てきた地下世界の住人、アーネスト・ヘミングウェイ。
最後らへんの「女。お前たちはいつもそうだ。いつもそうやってひとりきりの俺を救おうとする」という台詞で昔はどんだけモテてたんだと思わずにいられませんでした。
…ギャングボスの愛人寝取ったとか言ってたしな…。さぞかし罪作りだったに…、うん…?
あれ? 今回、18禁シーンなくね…?

そして「若い頃は舞台俳優のようだった」というヘミングウェイのかんばせが気になってググったらリアルヘミングウェイがマジでイケメンだった罠
若きヘミングウェイ―生と性の模索若きヘミングウェイ―生と性の模索
(2009/10)
前田 一平

商品詳細を見る



でも、まあ、よかったです。
1章が半端なく切ない終わり方だっただけに、2章がわりといい終わり方で…






嘘だろヘミングウェイ。



廃墟に残されていた楽しげな写真を見ることで、「楽しい」という気持ちを取り戻したエリシアさん。
アーネスト・ヘミングウェイとの交流を経て「楽しい」という気持ちを学んだリリィ。
結末っていうか設定を知ってると2人のシンクロっぷりが面白いです。色々うまいなーと舌を巻いてしまいます。
なんにも知らない状態だとわけわかめ状態なのがツラいところではあるけどNA!



theme : エロゲー
genre : ゲーム

2013-06-09(Sun)

紫影のソナーニル 2章直前の間章を見て思った事

~Before~
エリシアちゃんかわいいよエリシアちゃん


~After~
エリシアさん美人だよエリシアさん


やっぱりエリシアさん変わりすぎじゃないですかね。
どっちのエリシアさんも好きですよ。
過去エリシアさんは可愛いし現在エリシアさんは綺麗だし。












うわああ




うわあああああ








あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

『おれは男性向けエロゲをプレイしていたと
思ったらいつのまにか少女漫画を読んでいた』

な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも何をされたのかわからなかった…

頭がどうにかなりそうだった…

催眠術だとか超スピードだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…






theme : 乙女ゲー
genre : ゲーム

ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
ブログ更新の活力になります
応援・支援中!
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。